日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

セーターの毛玉の取り方!できやすい素材は洗濯法に注意!

セーター 毛玉

セーターの毛玉の取り方!できやすい素材は洗濯法に注意! セーターを着ていると、
毛玉が気になることってありますよね。

 

素材にもよりますが、周りを見てみると
みんなは毛玉ができていたりしないのに、
なぜ自分だけ?と悩むことも・・・。

 

とくにお気に入りの高級素材のものだと
なんとか新品同様に戻したいですね。

 

そこで今回は、セーターの毛玉の取り方や、
毛玉をできにくくする洗濯の工夫
などを紹介します。

Sponsored Link

 

セーターの毛玉・できやすい素材とできにくい素材は?

そもそも、同じセーターでも、
毛玉ができやすいものと
できにくいものがあったりしませんか?

 

素材によって毛玉ができやすかったり、
できにくかったりするんですよね。

 

できやすい素材というのは、
カシミヤ、ウールのような天然繊維と、
アクリル、ポリエステルなどの化学繊維
混合したものです。

 

カシミヤやウールといった 天然素材のみのものは
できた毛玉を取りやすいという特徴もあります。

 

一方、化学繊維のものは頑丈なので、
天然繊維にまぜると、 お互いの繊維が絡まって
取れにくくなってしまうのです。

 

また、できにくい素材は綿とナイロンで、
ツルッとしているため、ケバケバすることも
ほとんどありません。

 

セーター選びの ポイントとしては・・・

動物性の繊維など、柔らかい素材のものは、
アクリルなどが使用されていないか、
購入前にチェックするほうが良いでしょう!

 

ただし、カシミヤ100%などは、
お値段も張りますので、悩みどころですね。
 
セーターの臭いの取り方・焼肉やタバコ・香水は?
 

 

セーターの毛玉の取り方は?

定番のアイテムといえば、 毛玉取り機ですよね。

でも、これって結構難しくて、
穴が開いてしまったりする場合も。

 

また、毛玉取りブラシも近年人気ですが、
セーターの素材によっては取れにくいことも。

 

そこで、自宅にある手軽なものを使って
毛玉を取る方法をご紹介しますね。

 

まず1つめは カミソリです。

セーターの生地をピンと貼って、
折り目に沿ってそーっと動かすだけで、
驚くほど毛玉が取れるんです!

 

でも、カミソリの刃は他の部分も切る可能性が
ありますので、できるだけ優しく行いましょう。

 

そして、もう1つはご家庭にある スポンジ

硬いゴワゴワした面をつかって、
一定方向に動かすだけです。

この方法は、セーターに穴を開ける
心配もないので、安心ですよね。

 

両面の硬さや素材の異なるスポンジ
近くのスーパーなどでも手に入りますので、
試してみるのも良いでしょう!
 
セーターの縮みを修復する方法とは?
 

 

セーターの毛玉ができにくい洗濯方法は?

毛玉は生地表面が 摩擦することで起こります。

ですから、カバンなどでも擦れて
毛玉ができたりしてしまうんです。

 
摩擦もしくは静電気などで
1本1本の繊維が立ってしまうと
お互いに絡み合いやすくなるんです。

 

洗濯でも、この摩擦を防ぐことによって
毛玉をできにくくすることができます。

 

摩擦を防ぐには、まず一番いいのは
手間を惜しまず手洗いすることです。

とくにお気に入りの大事なセーターの場合、
手洗いすれば摩擦も少ないので防止に繋がります。

 

とはいえ、手洗いは大変ですので、
洗濯機で洗いたいという人も多いですよね。

洗濯機で洗って毛玉を防ぐには、
小さめの洗濯ネットに入れるといいですよ。

中でセーターが動かないので、
摩擦を最小限に抑えてくれるんです。

 

また、セーターを裏返して入れたり、
柔軟剤を入れて洗うのもポイントです。

 

少しの手間で毛玉防止になりますので
大事なセーターを長く着るためにも
ぜひ試してみて下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。