日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ごぼうの保存方法・常温と冷蔵、冷凍は?土に埋めると長持ち!

ごぼう 保存

ごぼうの保存方法・常温と冷蔵、冷凍は?土に埋めると長持ち!冬になり、根菜類がおいしい季節になりました。

これから年末年始には、煮しめなどの煮物を
作ったり、食べたりする機会も増えることと思います。

 

そんな時に欠かせないのはやっぱり ごぼうですね!

煮物に入れれば食感のアクセントになりますし、
味噌汁や炒めもの、揚げ物でもおいしくいただけます。

 

ただ、ごぼうって1本買っても
食べきれないこともありますよね。

そんな時に役立つ、ごぼうの上手な保存方法について紹介します。

Sponsored Link

 

ごぼうの保存方法・常温、冷蔵のどちらが良い?

まず、スーパーで見かけるのは、土が付いたままの
ものと、きれいに洗ってあるもの。

すぐに使わないときは、土付きの 泥ごぼう
購入してください。

 

野菜は基本的に収穫されたときに近い状態の方が
長持ちするので、洗いごぼうより保存には適しています。

 

ごぼうの保存に適した温度環境は、0度前後ですので、
これから冬場にかけては常温で問題ないでしょう。

もちろん夏場は冷蔵庫に入れる方がいいです。

 

また、洗ってあるものの場合は傷みやすいので、
冬でも冷蔵保存が基本です。

 

土付きを常温保存する場合は袋から出し、
土は洗わずにそのまま新聞紙で巻き、
立てて保存するのが望ましいです。

 

冷蔵庫に入れるときは土を洗っても大丈夫です。

また、冷蔵庫に入れるときに長くて入らない場合、
半分に切り、断面を下にして ラップでくるみます。

 

土付きのものは常温で 1週間程度が目安となりますが
期間が長くなると、しんなりしたり、
色が変化してきますので、早めに食べきりましょう!

 

 

ごぼうの保存方法・ささがきにしたものは?

また、使いかけのものは、 ささがき 乱切りなどの
切った状態での保存も可能です。

冷蔵保存する場合には、酢水にさらしてから
タッパーやジッパー袋に入れると 3~4日は持ちます。

 

ただし、風味や栄養は日に日に落ちてしまうので、
なるべく早めに使い切ってください。

それ以上保存したい場合は、冷凍にしましょう。

 

ごぼうの保存方法・冷凍するには?

冷凍にする場合は、事前に 30分~1時間程度
ごぼうを酢水にさらしてからよく水けを切り、
ジッパー袋やラップに包んで冷凍します。

 

冷凍すれば 3週間程度保存可能となり、
食べるときには凍ったまま調理できます。

食感は多少落ちてしまうので、
味噌汁などに入れるのが良いでしょう。
 
ごぼうの栄養と効能は?
 

 

土に埋めるのが一番長持ちする!?

自宅に プランターなどあれば、土に埋めて
保存することも可能です。

買ってもすぐに使わないときは
丸ごと埋めるのがおすすめです。

 

土に埋める方法は一番長持ちさせることができ、
1か月~1か月半程度の保存が可能となります。

状態が良ければそれ以上持つこともあります。

 

ごぼうは比較的長期保存に向いている食材なので、
上手に工夫すると鮮度を保つことができますね。

 

とくに、これから寒い冬にかけては
根菜類は体を温めてくれる効果がありますし、
ごぼうは食物繊維が豊富ですので、
おなかの調子を整えてくれる効果も期待できます。

Sponsored Link

お正月の筑前煮などに入れると非常に美味しいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。