日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

チョコレートの効能・疲れやストレス解消だけでなく、恋の効果も?

チョコレート 効能

チョコレートの効能・疲れやストレス解消だけでなく、恋の効果も?なんとなく仕事の合間などに
チョコレートを1かけ口に入れると
落ち着いたりしませんか?

 

また、香りのおかげでリラックスしたり
様々な効能を持っています。

 

甘くて、ちょっぴり苦くて
幸せな気分になるだけじゃない!

今回はチョコレートが持つ効能
あれこれご紹介したいと思います!

Sponsored Link

 

チョコレートの効能、脳と恋の関係性

”恋をしたらチョコレートを食べるといい”

えっ?と思いますよね。

チョコレートには”恋愛科学物質”なるものが
含まれているなんてささやかれています。

 

チョコレートの原料である 「カカオ豆」
その秘密があるようです。

カカオ豆に含まれている成分の1つである
『フェニルエチルアミン』と呼ばれる物質。

別名”LOVE MOLECULE”
直訳すると”恋愛物質”と呼ばれるものです。

 

そして、これは恋愛中に脳の中に
分泌されやすい物質ということらしいです。

 

恋愛中に目と目があったり、
相手の手などに触れただけで
心がドキドキすることがありますが、
その時にまさに脳の中ではこの物質が分泌されています。

 

そこで、チョコレートを食べるとどうなるか?

恋をしたときと同じように
脈拍が速くなったり、手のひらの発汗、
瞳孔が開いたりするといった 「ときめき」
同様の働きが見られるというものです。

 

うーん・・・ときめき物質という事ですね!

しかしこうした物質は人を輝かせる気がします。

キラキラしたかったらチョコレートを食べよ!
ということですね。

 
チョコレートケーキのカロリーは?
 

 

チョコレートの効能、疲れやストレスは?

最近ではストレスに効果をもたらすチョコレートも
見かけるようになりました。

今の世はストレス社会…。

出来ればノーストレスな生活をしたいですが、
なかなか難しい世の中です。

 

そこでこのチョコレート!

心理的や身体的ストレスによる疲れに効果的です。

 

カカオ・ポリフェノールの働きによるもので、
ストレス状態にあるラットに与えた所、
ストレスにうまく適用することが研究結果で
あきらかになっています。

 

 

チョコレートの効能、睡眠効果は?食べる時間は?

チョコレートは脳を活性化する働きがあります。
『テオブロミン』という成分でカフェインの仲間です。

 

しかしカフェインよりもずっとソフトで、
自律神経を整える働きを持ち、
リラックス効果があるということです。

 

欧米のホテルのベッドサイドには
チョコレートが置いてあるところもあるほどです。

 

眠る前にチョコレートを食べるなら、
就寝前2時間に留めておきましょう。

直前の場合には脂肪の蓄積につながります。

 

ダイエットやニキビなどによくないと言われる
チョコレートですが、その大半は糖分と脂質の結びつき。

そして食べ過ぎなどによります。

 

実際カカオ自体はダイエットやニキビなどに
影響を与えることはありません。

 

カカオの含有が高めのものなど選び
うまく付き合うと最高の食材となり、
素晴らしい効能を発揮してくれます。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。