日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

風邪による声枯れ・漢方薬で治る?期間は?痰も出るときは?

風邪 声枯れ

風邪による声枯れ・漢方薬で治る?期間は?痰も出るときは?風邪で 声枯れすること、ありますよね。

声が枯れてる場合には、喉にも痛みがあって、
なんとも不快な症状が続くもの・・・。

 

この不快な症状、
どうしたら改善出来るでしょうか?

治りかけや痰が出る場合は?

そこで今回は、風邪による声枯れについてお話しましょう。

Sponsored Link

 

風邪による声枯れ、治すには漢方薬?

声枯れの改善方法には、喉を湿らすことや、
無理に声を出さないなどありますね。

内服して治す方法、特に漢方薬はあるのでしょうか・・・

 

身近なドラッグストアで購入出来る漢方薬、
「響声破笛丸料(きょうせいはてきがんりょう)」

声に関係する漢方薬で、喉の腫れを取り除きます。

 

声のお仕事をされている声優さんなども、
愛用者が多いと聞きます。

 

他に、咳や痰の切れなども伴う場合には、
「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」も効果を発揮します。

 

また、声枯れの際に 「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」
処方されることがあります。

これは、主にアレルギー性鼻炎や
喘息などに処方される漢方薬で、体の表面が冷えている方向け。

 

ただし、取扱いの難しい漢方薬で、
呼吸器系や咽頭の病気などで
簡単に処方される薬ではありません。

 

 

風邪による声枯れ、治らない場合は?期間は?

喉を酷使し続ければ治るものも治りません。

いかに休めてあげられるかが、最大の課題です。

風邪により、喉頭にある声帯が炎症を起こして
声を発生させることが出来ないのが声枯れ。

 

治る時期は個人差や体力や免疫力にもよると思いますが、
風邪をひいている間に声帯を酷使してはいけません。

声帯縁が肥厚し、肥厚性声帯炎となり
ダミ声しか出なくなります。

そうなれば、1ヶ月近くも声が出ないなんてこともあります。

 

声枯れを起こしている場合には、喉の安静と
適度な水分で潤すことが大切です!

 

なお、ステロイドにより一時的に声が出せる様になりますが、
さらに悪化し慢性声帯炎になる危険性もあります。

 
喉のイガイガや咳の原因は?
 

風邪による声枯れ、痰が出る場合は?

風邪を患ってから2ヶ月以上も声が枯れ、
痰や咳も止まらないという場合には、
ハウスダストなどアレルギーを疑う必要もあります。

 

一般的に風邪は1週間程度で症状が治まるもの。

それが1ヶ月以上も喉や呼吸器系に支障を来す場合、
時期によっては 花粉症なども疑えます。

 

空気中に漂うアレルゲンが喉に付着し、
そこからアレルギー反応を起こします。

喉の粘膜を浮腫ませ、炎症を起こすことで
声枯れや痰などといった症状が続きます。

 

目にもかゆみが伴えば、アレルギーの疑いが
さらに強くなります。

ついでに鼻水が出続けたり、肌荒れが目立ったり・・・。

 

風邪はすっかり治ったのに、
謎の声枯れが続く場合には
最悪、喉頭がんの可能性も。

 

いずれにせよ、声枯れが続く場合
耳鼻咽喉科を受診して原因を確かめます。

声帯ポリープなどは
内視鏡で簡単に見つかりますし、
喉頭がんでも同様のことがいえます。

 

自己治療で悪化させる前に
適切な治療を行えば治りも早いですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。