日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

金柑の栄養と効能! 旬はいつ? 美味しい食べ方は?

金柑 栄養

金柑の栄養と効能! 旬はいつ? 美味しい食べ方は?晩秋から実を付ける 「金柑(きんかん)」

よくのど飴なんかで見かけますが、
実物って見た事ありますか?

みかんを小さくした様な、まん丸で可愛い果実です。

 

そんな小さい実ですが、
素晴らしい栄養が詰まっています!

知って得する豆知識♪
金柑の栄養についてご紹介します!

Sponsored Link

 

金柑の栄養、その成分や効能は?

金柑は、中国から江戸時代以降、
薬用として渡って来ました。

ただし、「マルキンカン」と呼ばれるものは、
それよりずっと前にさかのぼり、
鎌倉時代から室町時代の間に渡来してきたとされています。

 

さて、薬用として渡ってきた「キンカン」、
特に果皮に栄養が多く、丸ごと食べます。

 

そしてビタミンCが100g中49mg含まれ、
レモンと同等くらいになります。

疲労回復・風邪予防・肌荒れ改善に効果的です!

 

果皮にはビタミンP(ヘスペリジン)を含み、
抗酸化・抗炎症・抗不安作用を持っています。

血圧やコレステロールを下げる働きもあります。

 

さらにビタミンCの吸収を高める効果もあり、
毛細血管強化や肌の新陳代謝促進、冷え性改善効果もあります。

ビタミンP(ヘスペリジン)は、あまり聞きませんが、
すごい力の持ち主ですね。

 

その他、ビタミンE・食物繊維・βカロテンなど
体に良い栄養素を豊富に含みます。

風邪や喉の痛みによい理由もうなずけますね。

 

 

金柑の旬は?種は食べられる?

金柑はミカン科キンカン属、
柑橘属ではなく、独自の属に分類されています。

そう、見た目はみかんに似ていますが、
少し違うものなんです。

 

金柑は宮崎県や鹿児島県、熊本県といった
南の温暖な場所が主な産地です。

 

金柑の旬は「冬」で、
栽培は主に温室・ハウス・露地の3つ。

11月末頃より収穫が始まり、
露地は1月から3月にかけて収穫されます。

 

最も美味しい時期は
1月中旬から3月上旬になるでしょう。

おやつやお弁当にいかがでしょうか♪

 

金柑の栄養、食べ方は?

お家のお庭に金柑が実る方や、
お裾分けでいただいたりしたら・・・。

そのまま食べてもよいのですが、
他にどんな食べ方があるのでしょうか?

 

甘く煮た 「甘露煮」というのが
最も有名かもしれません。

 

よく洗ってから丸ごとハチミツ漬けにすれば、
金柑から出たエキスがハチミツに溶け出します。

風邪による喉の炎症を抑えたり、
咳が止まらない時などにも効果的です。

 

ハチミツと混ざったエキスをお湯に溶いて飲んだり、
もちろん、金柑自体も食べられますよ。

皮だけ食べて実を捨てていた方にも
金柑の栄養を余すことなく頂ける食べ方です。

 

焼酎割りやソーダー割りなんかに
入れてもいいですね!

 

また、食べ方とはちがいますが、
普通は吐き出してしまう種で化粧水が出来ますよ!

 

種の回りに「ペクチン」という成分があり、
種を洗わず焼酎に漬け、2週間程度放置。

とろみが出たら、精製水などで割って使います。

 

豊富なビタミンCの力でシミ・ソバカスの改善。

そして、ペクチンの効果によって
しっとりした肌が出来ると人気が高まっています。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。