日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

大掃除のコツ・トイレは汚れの種類を見極めてから!

大掃除 トイレ

大掃除のコツ・トイレは汚れの種類を見極めてから!目に付いた汚れはその都度きれいにしているつもりでも、
どうしてもあちこちに汚れがたまってきてしまう トイレ

 

毎日何回も使う所ですから、
きれいになると気持ちがいいですよね。

そこで今回は、年末に向けたトイレの大掃除のコツをご紹介します!

Sponsored Link

 

トイレの大掃除、まず準備は?

まずは、 便座カバー マット
替えトイレットペーパーのホルダーが布の場合は、
それも全部はずして洗濯機に放り込んでしまいましょう。

 

洗濯が終わったら陽の下に干したいですから、
トイレの大掃除は、お天気のよい日にするのが一番のコツです。

 

トイレットペーパーは外しておきます。

床に置いてある小物(ダストボックスなど)は
お風呂場へでも移動して洗います。

 

便器洗浄用の薬剤を手洗いの排水口部分に置いている場合
とりはずしておきます。

※手洗い部分は、タンクの上に設置されているものを説明しています。

 

便器の掃除は入念に!

便器の内側の汚れは 尿石によるものが多いですから
トイレ用の洗剤を振りかけて、専用のブラシでこすります。

酸性の洗剤が効果的ですが、使用する場合は
他の洗剤と混ざらないように注意しましょう。

 

特に便器の縁の裏側は汚れがたまっていることが多いので
念入りにこすって下さい。

汚れが簡単に落ちない場合は、
汚れの部分にトイレットペーパーをひいて
その上から洗剤をかけて、しばらくおいてからこすります。

 

最近は、洗剤をしみ込ませたペーパー式のクリーナー
市販されていますので、利用するとそのままトイレに流すことができます。

便器の外側やフタは濡れ雑巾で拭いた後、
乾拭きすれば良いでしょう。

 

 

手洗い部分の汚れを落とすコツは?

手洗い部分の汚れは、水が乾いた時に残る カルシウムが原因です。

それに埃がからみついて黒ずんでいることもあります。

 

茶色っぽい汚れは、水に含まれている 鉄分が残ったものです。

これらの汚れにはクレンザーはあまり効果がありません。

 

耐水性のあるペーパーに水と
固形石鹸をつけてこするのが効果的です。

固形石鹸を水で溶かして汚れに塗りつけて
しばらくおいてからこすると汚れが落ちやすくなります。

 

また、 ピンクっぽい汚れが目につくこともありますが、
この汚れには中性洗剤が有効です。

 

トイレのタンクの大掃除は軽めに!

タンクの外側の掃除は、
基本、手洗い部分や便器の外側と同じです。

タンクの内側は細かい部品も多いので
素人が触るのはお勧めではありません。

 

どうしても気になる汚れを
ブラシで軽くこすって落とす程度で良いでしょう。

タンクのフタを外した場合は
きちんと元に戻したか確認しましょう。

 

シャワートイレは説明書を読む!

最近のシャワートイレ(ウォシュレットなど)には、
ノズルの掃除ボタンがついていますよね。

まず説明書を見つけて読んで下さい。

 

ノズルの外側は、布や柔らかい紙でそっと拭く程度にして下さい。

シャワートイレには 着脱用のボタンが付いていて
簡単に取り外せることがほとんどです。

説明書に従ってとりはずし、
便器との接触部分や裏側をきれいに拭きましょう。

 

また、はずしたついでに
脱臭フィルターの掃除も忘れないで下さい。

故障の原因に繋がらないよう、
まず説明書を読んでから行います。

 

給水管の掃除は?

よく絞った雑巾に水栓金具用のクリーナーを含ませて
傷つけないように磨きます。

古くなった歯ブラシを使うと良いですね。

 

仕上げに水拭きをしたあと、
さらに乾いた雑巾で磨いておきます。

 

 

ペーパーホルダーもきれいに!

水拭きの後、乾拭きするとOKです。

どうしても汚れが落ちなければ、
クリームクレンザーを使います。

細かいところは綿棒を使うのがコツです。

 

ドアノブの掃除も丁寧に!

木製の場合は水拭き、または乾拭きしましょう。

金属の場合は金属磨き用の布やスポンジを使います。

 

棚、壁、ドアは素材を見て決める!

棚や床の掃除をする前に埃がたまっているようなら
一通りはらっておきます。

その後は、水拭き後に乾拭きしておきましょう。

 

壁は、水拭きに耐えられる素材であれば、
しっかり拭いておきましょう。

水拭きが無理なら、埃をはらう程度にします。

ドアも、木製なら耐えられるはずです。

 

床の汚れの対処法!

汚れを取るにはトイレ用のクリーナーを含ませた
ペーパーを使うのが楽です。

汚れがひどい場合には、そのペーパーを
しばらく汚れに貼りつけておくと落ちやすくなります。

汚れが落ちたら水拭きし、最後に乾拭きです。

 

トイレの大掃除の仕上げ!

便座カバーやマット、小物類をもとに戻します。

トイレットペーパーを戻し、補充分もホルダーに入れます。

手洗いの排水口部分に便器洗浄用の薬剤を置きます。

 

トイレ内の汚れはいろいろな種類がありますが
その種類によって、洗剤やクリーナーを使い分けるのが
きれいにするコツです。

 

その時は、塩素系漂白剤酸性の洗剤
混ぜることがないよう注意しましょう。

 

また、汚れは力ずくで落とすのではなく、
洗剤やクリーナーを塗りつけて、しばらく放置し、
汚れが浮いところを拭き取ります。

 

普段からこまめに汚れを落としておけば
年末などの大掃除が楽になるのは言うまでもありません。

キッチンの大掃除のコツは?

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。