日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

風邪とインフルエンザの違いとは? 原因と症状にも異なる!

風邪 インフルエンザ

風邪とインフルエンザの違いとは? 原因と症状にも異なる!患ってしまうとどう違うのかわからない、
風邪 インフルエンザの違い!

風邪は普通に外にも出られるのに、
インフルエンザは外には出られない。

 

大きなくくりでは、どちらも流行性感冒ですが、
症状などの違いも知っておくと、対応にも困りませんね。

そこで今回は、風邪とインフルエンザの違いについて
解説したいと思います。

Sponsored Link

 

風邪とインフルエンザの違い、初期症状、主な症状は?

一般的な風邪とインフルエンザは、
そもそもウィルスの種類が異なります。

風邪は喉や鼻に症状が出るもので、
インフルエンザは急に38~40度の
高熱が出るのが大きな特徴で違いです。

 

”スペイン風邪” ”香港風邪”など
世界的に大流行し死者を出したインフルエンザ。

風邪も万病の元とされ危険なものですが、
インフルエンザは周囲の人に感染する力が
極めて強いのです。

 

◎主な症状の違い
・風邪
初期症状:鼻・咽頭乾燥感およびくしゃみ
主な症状:鼻水・鼻閉
悪寒:軽度・おきても短期
熱:なし、もしくは微熱
関節、筋肉痛など:なし
倦怠感:軽度かなし
鼻汁・鼻閉:初期に著しい
咽頭:やや充血
結膜:アデノであり咽頭結膜熱が酷い
合併症:稀にあり

 
・インフルエンザ
初期症状:発熱・悪寒・頭痛
主な症状:発熱・筋痛・関節痛
悪寒:高度
熱:38~40度が3~4日間
関節、筋肉痛など:高度
倦怠感:高度
鼻汁・鼻閉:後期に著しい
咽頭:充血時に扁桃腫脹
結膜:充血
合併症:気管支炎・インフルエンザ肺炎・
細菌性脳炎・脳症

 

インフルエンザの方が 全身症状が起こり、
高熱であるということがわかりますね!

 

風邪とインフルエンザの違い、ウィルスは?

風邪とインフルエンザは病原が異なります。

◎風邪は・・・
ライノウィルス
アデノウィルス
コロナウィルス
RSウィルス
パラインフルエンザウィルス

 

◎インフルエンザは・・・
インフルエンザウィルスA・B・C

世間的に流行しやすいのはA型で、
B型が流行る事は少ないです。

C型は免疫を持っているのであま
感染することがありません。

 

A型は常に変化し続けてゆくウィルスの為、
感染流行の最先端なのです。

 

 

風邪とインフルエンザの違い、赤ちゃんの対策は?

大人も怖いですが、 赤ちゃんにとっても怖い病気。

抵抗力の弱い赤ちゃんの場合には、
「かかったかな?」と思ったら早めに受診しましょう。

 

赤ちゃんの場合も大人と違いは同じで、
発熱と色のある鼻水、咳などが出ている場合には風邪を疑います。

また、顔が赤く、目も充血してあまりぐずる様であれば
インフルエンザを疑います。

 

風邪であればきちんとしたケアをしてあげれば、
数日のうちで治りますが、インフルエンザはそうは行きません。

 

インフルエンザは、赤ちゃんや小さなお子さんがかかれば
免疫がなく重症化することもあったり、何度もかかってしまう
なんてこともありますので要注意です。

 

そしてインフルエンザウィルスは低温で、
乾燥した環境を好むので加湿と適度な室温を保ちましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。