日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

はまぐりの砂抜き・短時間なら50度洗い!保存法も紹介!

はまぐり 砂抜き

はまぐりの砂抜き・短時間なら50度洗い!保存法も紹介!お吸い物や焼いたりと色々な食べ方が出来る はまぐりですが、
砂抜きをもっと簡単に出来たらいいのにって思いませんか?

 

買って来たパック詰めのものは
砂抜きされているものがほとんどですが、
食べてみたらジャリっとすることも…。

 

もう1度簡単に砂抜きを行う方が
もっと美味しくいただけますね。

手軽に手短にできる、はまぐりの砂抜きについてご紹介しましょう!

Sponsored Link

 

はまぐりの砂抜き、短時間なら50度がポイント!

砂抜き、実は短時間で出来るので、
あえて時間を置く必要はありません。

しかし、これはあくまでもパックに入った
スーパーで買ったはまぐりなど、
下処理が1度されているものに行いましょう。

 

潮干狩りなどで獲って来たはまぐりは、
下処理がされていないものですので、
長めに置いて砂抜きを行いましょう!

 

◎時短で行う方法
はまぐりが重ならず出来るだけ平坦になるよう
ボウルや深めの金属製のバットなどに敷き詰めます。

『50度』の湯を注ぎ入れ、3~5分浸けます。

”50度洗い”の要領で、砂抜きができるんです。

 

しかも、この後に調理すると
旨味が増し、身がふっくらするのです!

砂抜きしたら、必ず擦り洗いをしておきましょう。

 

 
あさりの砂抜きと塩抜きは?
 

はまぐりの砂抜き後の保存は?

50度で短時間で砂抜きしたものは
基本的に保存はせずに使い切ってしまいます。

保存が出来るのは基本の砂抜きを行ったもののみ。

 

海水程度の塩水を使い新聞紙などで蓋をして
暗くして3時間ほど置いておくようにします。

 

その後の保存は2~3日中に使うのであれば
塩水につけて上から軽くラップし、
水の交換をしながら冷蔵庫で保存することが出来ます。

 

それ以上保存する場合には冷凍します。

水気を切ってジップ付きの保冷袋に入れ、空気を抜いて
冷凍保存し、使う時は凍ったまま加熱調理します。

 

保存期間はおおよそ3ヶ月程度を目安に。

保存前に半開きになっているものや、
殻が割れているものは取り除きます。

 

貝同士ぶつけて鈍い音がするものも
取り除いておきましょう。

 

はまぐりが砂を吐かない場合は?

はまぐりを砂抜きしていて2時間くらい
置いているのにまったく砂を吐かない事ってありませんか?

動いているのに吐き出さない場合には
しっかり下処理がされている可能性もあります。

 

しかし、まったく動きがなく殻を閉じたままの場合には、
水すら吐き出していないという証拠です。

 

はまぐりは水温20度程度で活発に動きます。

水をすっかり浸すのではなく、
少し殻が水面から出る程度がよく、
そうすることで、水をピューっと吐き出します。

 

そして浸す際の塩水の塩分濃度も
薄すぎず濃すぎずがポイントです。

3~4%程度の塩水がほどよいと思われます。

 

ピューっと水を吐き出す様子を見て、
底の方に砂が溜まっていない場合には
それ以上行う必要はないと思います。

 

基本的に、砂出し済みはそのまま洗って使う事が出来ますが、
ジャリっとした経験がある方は、ぜひ、行ってくださいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。