日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

クリスマスリースの意味と由来について・いつ飾ればいいの?

クリスマスリース

クリスマスリースの意味と由来について・いつ飾ればいいの?クリスマスシーズンになると
ご家庭やお店などに クリスマスリース
飾られていますよね!

 

どれも素敵で目にも楽しかったりするものですが、
クリスマスリースを飾る意味って何でしょう?

Sponsored Link

 

クリスマスリースの意味や由来は?

リースとは、花や葉や果実やスパイスを使った
バリエーションが豊富な装飾用の輪をいいます。

室内やドアに飾られる装飾物として使われていますが、
その中でもクリスマスリースは代表的です。

 

他にもテーブルに置いたり、
冠・髪飾りとして身につける事もあります。

 

クリスマスリースの由来は諸説あり、
最も古くは古代ローマからと言われています。

リースの形を輪に象っていることは「永遠」を意味し、
誰かが亡くなった際には
「永遠の命」という意味を込めて飾ることもあります。

 

クリスマスリースには、イエスキリストへの
永遠の命を願う意味がある様です。

 

また、輪であることには
”始めも終わりもなく、永遠に続く神の愛”
を表しています。

 
キリスト
 
玄関に飾る事で魔除け・豊作を願って飾ったという
豊作祈願という由来が有名です。

 

クリスマスリースの素材や色にも意味がある!?

クリスマスリースの素材や色には意味があります。

◎素材

<豊作物の繁栄>
モミノキ、マツ、月桂樹などの常緑樹の葉

 

<キリストの受難>
ヒイラギの葉
キリストが十字架に架けられた際に冠っていた
イバラの冠に由来。

 

<キリストの流した赤い涙>
ヒイラギの赤い実

 

<キリストの象徴>
ぶどう

 

その他、松ぼっくりや麦の穂、リンゴなど作物に関連するものは
収穫の象徴として飾りますが、 神への供え物の意味もあります。

リボンやベルなどは魔除けの意味があります。

 

◎クリスマスカラーの意味
赤・・・キリストの血の色・愛・寛大
緑・・・永遠の命・神の永遠の愛
白・・・純潔・雪・純粋な心
金・銀・・・ベツレヘムの星・富・豊かさ

 

 

クリスマスリースを飾る日はいつ?

クリスマスリースっていつ頃から飾るのか、
用意してみたけど案外知らなかったりしませんか?

一般的にはクリスマスの4週間前から、
2月2日(聖母お清めの祝日)まで
とされています。

 

また、もう1つクリスマスにはリースを飾る
風習があります。

「アドベント・クランツ」という
リースを飾ります。

 

11月30日に一番近い日曜日から、
クリスマス前の期間を「待降節」または、
「アドベント」といいます。

「アドベント=到来」という意味で、
救い主の到来を待つ時期になります。

 

アドベントの最初の日曜から
クリスマスの準備期間として過ごしますが、
アドベント・クランツに日曜日ごとに
1本ずつ キャンドルを灯す習慣があります。

 

4本のキャンドルに灯が灯ると、
いよいよクリスマスを迎えます。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。