日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

あさりの栄養(成分と効果)・お味噌汁や酒蒸しのカロリーは?

あさりの栄養と効果

あさりの栄養(成分と効果)・お味噌汁や酒蒸しのカロリーは?潮干狩りで採れる貝として人気の あさりですが、
冬は鍋に入れるなど、1年中食べられている貝です。

 

値段もお手頃で、しかも体に良い成分がたくさん入っています。

そこで今回は、あさりの栄養価と、
よく食べられている料理をピックアップしてカロリーなどを紹介していきます。

Sponsored Link

 

あさりの栄養や成分は?

あさりに含まれている栄養分とその効果について紹介していきます。

よく、 貧血予防に良いと言われていますが
これは本当の話です。

 

血液の中にある赤血球をつくるために必要な鉄分
ビタミンB12がたくさん含まれているからです。

貧血気味の方にはぜひ食べてもらいたい食材です。

 

ビタミンB12ですが、
あさりの成分の中で一番多く含まれています。

ビタミンB12はDNAの合成や調整、脂肪酸の合成や
エネルギーの産生を助け、正常な細胞や赤血球をつくり出します。

 

また、末梢神経を正常に機能させる働きもあり、

目の疲れ 肩こりの解消にも効果があります。

 

そして鉄や亜鉛、タウリンなどのミネラルも豊富に含んでいて、
これらのミネラルはコレステロールを下げ、
動脈硬化や高血圧を予防し、滋養強壮にも効果があると言われています。

 

 

あさりのカロリーはどのくらい?

あさりは殻付き100gを買ってきたとして、
食べられる部分はおよそ40gほどです。

40gのカロリーは約24kcalと言われています。

 

味噌汁にした場合、お椀1杯(約154g)で37kcalほどで、
とてもカロリーが低いのでダイエットにはおすすめです。

 

続いて、 酒蒸しですが、こちらは1皿100gとした場合、約40kcalです。

バターを入れたものなどがありますが、
バターは大さじ1杯(12g)で89kcalととても高カロリーなので、
入れすぎには注意しましょう。

 

また、酒蒸しは生のあさりをお酒によって火を通しながら蒸します。

作る際に時間がかかるので、鍋に入れる前に
耐熱容器やシリコンスチーマーなどに入れ、
レンジで火を通しておくと早くできて便利です。

 

次に 佃煮ですが、1人分(10個)で約30kcalとなります。

お酒や砂糖、醤油などを多く使い、
長く保存できるように作っているので、
味も濃い目でカロリーも少し高めです。

 

最後に、これからの季節にぴったりな スンドゥブチゲですが、
1人分で約80kcalとなっています。

具材もたくさん入っていて腹持ちもよく、
唐辛子やキムチなどでの発汗作用や代謝アップが期待できます。

 

メインが 豆腐なので、そのぶんカロリーが低く、
あさりのだしがよく出たスープはとてもおいしいです。

卵を入れるとまろやかになって美味しいのですが、
カロリーが90kcalほどあるので、ダイエットをしている方は注意しましょう。

 
あさりの塩抜きと砂抜き・短時間でやるコツは?

 
いかがでしたか?

ビタミンがたくさん取れて、しかもカロリーの低いあさりは
美容にはもってこいの食材です。

たくさん食べて健康な体を手に入れましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。