日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

朔旦冬至とは? 2014年は19年に1度のおめでたい年!?

朔旦冬至

朔旦冬至とは? 2014年は19年に1度のおめでたい年!?今年は19年に1度の非常にめでたい日 ”朔旦冬至”の年なんです。

といっても、この言葉を聞いたことが無い方や
その意味も知らない人が大半だと思います。

今日は、消え去ってしまったおめでたい日、朔旦冬至についてお話します。

Sponsored Link

 

朔旦冬至とは何?

古代では、 冬至を1年の始まりとしていました。

江戸時代の言葉の近世語では、
”唐の正月”というと冬至を表します。

 

古代中国の王朝の中でも、
最も徳の高い礼節に叶った政治を行なったとされる周王朝が、
11月1日を元旦としたからでした。

その名残で、現在でも冬至は暦の基準となっています。

 

中国や日本で採用されていた太陰太陽暦では、
冬至を含む月を11月と定義されていていますが、
冬至の日付は決まっていません。

 

旧暦時代に使われた多くの暦は、
11月の朔日が冬至となるような年を求めて、
この年の11月朔日をその 暦の計算の起点として用いていました。

 

そして、実際の暦を計算し、11月1日が冬至となるような年を、
暦の本来あるべき姿に戻った、 めでたい年と考えるようになりました。
 
また、11月1日が冬至となることを
”朔旦冬至(さくたんとうじ)”と呼んで、祝うようになりました。

このお祝いを ”朔旦冬至祝賀”と言います。

 

 
中国の暦では19年を と呼びます。

古い時代の中国の太陰太陽暦では、
この章の期間に7回の閏月が入るという決まりを持っていて、
この決まりに基づいた暦を”章法の暦”と言いました。

 

章法の暦では、暦法の計算起点となる年を
朔旦冬至の年に起き、あとは19年の章を繰り返します。

この章の始めの年を”章首”と言います。

 

日本に中国から暦が伝わった頃には、
既にこの章法の暦を用いることはなくなっていて、
必ず章首の年が朔旦冬至となるというわけではありませんでした。

 

しかし、章法時代の慣習と一緒に
朔旦冬至祝賀が伝わってきたと言われています。

 
冬至で有名なゆず湯の効能とは?
 

2014年は朔旦冬至!

朔旦冬至が正確に19年周期で訪れることは、
19年7閏原則に基づく暦が正確に運用されているということです。

暦の正確さは、政治が正しく行われていることの証とされていたので、
朔旦冬至はとても盛大に祝われました。

 

また、日本では19年に1度巡ってくることから、
瑞祥(ずいしょう)吉日としても、宮中で祝宴が行れていました。

 

奈良時代末期から江戸時代の間に、朔旦冬至祝賀が行われていて、
祝賀が行われた最初の年は延暦三年で、最後が天明六年とされています。

 

難しい話で、肩が凝りそうですが、
2014年はそのおめでたい朔旦冬至というわけです。

政治的なお祝いは廃止されましたが、
19年に1度のおめでたい日を、皆さんも楽しんではいかがでしょうか。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。