日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

鍋のしめ・うどん、そば、ごはんを利用した作り方!カロリーは?

鍋のしめ

鍋のしめ・うどん、そば、ごはんを利用した作り方!カロリーは?ちょっと寒くなってきたら
家族や友達と お鍋を囲むことも多くなりますね。

そして、食べ終わったあとは、何かを入れて「しめ」を食べないと
終われなという方も多いのではないでしょうか?

 

残ったスープに うどん ごはんを入れて食べると、
具材のだしも効いていて、これまた美味ですね。

でも食べ過ぎて、ちょっとカロリーが気になることもあるかと思います。

そこで今回は、鍋のしめのおいしい作り方とそのカロリーについてご紹介します!

Sponsored Link

 

鍋のしめ・うどんの作り方とカロリー

和風の鍋のあとには うどんが一番おすすめです。

だしがたくさん出たスープに
麺が絡んでとてもおいしいですよね。

 

うどんを人数分入れ、付属のスープと一緒に
味噌を隠し味で少し入れると、とてもコクが出ておいしくなります。

そこに卵を落として絡め、
少しだけフタをしておくと出来上がりです。

 

また、スープにうどんを入れたあとに、
カレールーを3欠片程入れてカレーうどんにするのもおすすめです。

ちょっと味が薄くなってしまうので、醤油や塩コショウで味付けをして、
最後にネギを小口切りにしたものを散らせば完成です。

 

うどんは1玉で約250kcalほどあるので、
残りのスープのカロリーと合わせると、1人あたり450kcalは超えるかもしれません。
 
うどん・そうめん・ひやむぎの違いとは?
 

 

鍋のしめ・ごはんでの作り方とカロリー

どんなお鍋のときでも、 ごはんを入れればおいしいしめが作れます。

和風なら雑炊やおじや、洋風ならリゾットがおすすめです。

 

キムチ鍋寄せ鍋などにごはんを人数分入れ、3分程煮込みます。

その時、残った具材をあらかじめお箸などで細かくしておくと、
とても食べやすくなります。

煮立ったら溶き卵を2個分回しかけます。

そのあとフタをして3分程蒸らし、
ネギや刻み海苔、三つ葉などを散らせば完成です。

 

洋風のトマト鍋チーズ鍋などは、
おいしいリゾットができますね。

鍋にごはんを入れたら、リゾット用の具材も入れます。

具材は、ベーコンやおもちなどを細かく切ったものもおすすめです。

 

3分程煮込んで蒸らし、
そのあとに粉チーズやパセリなどを散らします。

粉チーズのかわりにとろけるチーズをのせても、
とてもおいしくなります。

 

カロリーはごはん1膳で200kcal
おもちは1個(50g)で120kcal程あります。

チーズも入れてますので、カロリーオーバーには要注意です!
 

 

鍋のしめ・そばの作り方とカロリー

しめに そばを入れるのはあまり聞いたことがないかもしれませんが、
実はとてもおいしいんです。

だし醤油をベースにしたスープのお鍋にはとてもよく合います。

 

他のしめと同じように残ったスープにそばを入れ、
大きめに切ったネギや短冊切りにした大根などと一緒に軽く煮込みます。

スープがとてもそばに染み込むので、
ふだん食べるものよりもおいしくできますよ。

 

カロリーはそば1玉で220kcal程なので、
うどんよりもさらにヘルシーです。

 

いかがでしたか?

3つ紹介しましたが、ラーメンやパスタなども合いますよ。

また、低カロリーの 春雨を入れると
女性は安心して食べられますね。

しめまでおいしく食べて、お鍋を最後まで楽しみましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。