日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ポインセチアの花言葉は「あなたの幸せを願う」「祝福」など!

ポインセチア

ポインセチアの花言葉は「あなたの幸せを願う」「祝福」など!冬になると楽しいイベントが沢山ありますね。

その中でも、 クリスマスを楽しみにされておられる方は
1年のイベントの中でも最も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、クリスマスには欠かせないポインセチアの特徴や花言葉などの情報です。

Sponsored Link

 

ポインセチアの特徴は?

ポインセチアトウダイグサ科トウダイグサ属の常緑低木で、
原産地はメキシコ、花の咲く季節は10〜3月です。

メキシコでは、高さ5mにもなるといわれます。

 

別名は、 クリスマスフラワーや、 クリスマススターとも呼ばれています。

ポインセチアの名前の由来は、メキシコからアメリカに導入した
駐メキシコ米大使の名前、 ポインセットに由来しています。

 

日本には明治中期に渡来し、
猩々木(ショウジョウボク)という和名があります。

これは、ポインセチアの赤い葉を、大酒飲みで赤い顔が特徴である
中国の伝説上の動物・猩々(ショウジョウ)になぞらえたものです。

マダカスカルの国花にもなっています。
 


 

花びらに見える部分は苞葉と言う葉っぱです。

ポインセチアの花は茎の頂点に付くつぶのような物で、
花びらはありません。

日照時間や気温などの条件が揃うと
茎の先端に花をつけて、苞葉が色づきます。

 

赤色の物が定番ですが、白、クリーム色、赤と白のマーブル模様、
ピンク、紫など、バリエーションも豊富です。

定番の赤色以外のものも、近年人気が高くなってきているそうですよ。

 

また、苞葉の形もカールしたり縮れたりと特徴的です。

注意しなければいけないのが、
ポインセチアには毒性があるということです。

皮膚炎 水泡を引き起こす原因の有毒成分が含まれています。

 

一説では、茎や葉を傷つけると出てくる乳白色の汁を
昔はインディアンが、解熱剤として利用していたと言う説もあります。
 

 

ポインセチアは愛の花!その花言葉は?

ポインセチアの花言葉には、
”あなたの幸せを願う”や、 ”祝福” ”私の心は燃えている”があります。

鮮やかで燃えるような赤色が、
私たちの恋心のような情熱的な花言葉へとつながりました。

 

祝福の意味と、情熱的な愛の花言葉を持つポインセチアは
プロポーズや告白にぴったりですね。

また、結婚のお祝いにも喜ばれる贈り物になりそうです。

 

クリスマスに定番のポインセチア

ポインセチアは、 クリスマスの花として定番ですよね。

クリスマスの象徴になったのには2つの説があります。

 

1つ目は、花の形がクリスマスの星の形に似ているからです。

2つ目は、ポインセチアの花の色が宗教的な意味と重なったからです。

 

欧州では、クリスマスにキリストの血の色である
赤を飾る習慣があります。

それに加えて、色彩そのものが
クリスマスのイメージに合っていたと考えられます。

赤と緑の色が銀色の雪景色に良く栄えますね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。