日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

紅葉狩りの時期と由来・関東、関西のおすすめスポットも!

紅葉狩りの由来

紅葉狩りの時期と由来・関東、関西のおすすめスポットも!夏が終わって、肌寒くなり始めると、
秋が深まり、冬に近づき始めます。

深紅に染まった 美しい紅葉
ゆっくりと楽しむ方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、紅葉狩りの時期や由来、
関東、関西のおすすめスポット
などの情報をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

紅葉狩りという言葉の意味と由来は?

紅葉狩りとは、紅葉を見物する行楽のことです。

紅葉は見るのであって、狩りはしないのに不思議ですよね。

実は”紅葉狩り”の由来には、とても優雅な説があります。

 

みなさんがご存知の通り、”狩り”という言葉は、
獣を捕まえるという意味で使われています。

それが、時代が進むにつれて、野鳥や小動物にも使われるようになり、
やがては、草花を見ることにも使われるようになりました。

狩猟をしない貴族が現れ始め、
自然を愛することに由来すると言われています。

 

他の説では、紅葉を眺めにわざわざ山へ出向いたことから
”紅葉狩り”と言うようになったという話もあります。

”狩り”は本来、何かを山野にとりに入ることを表していたのです。

 

平安時代には、 桜狩りという言葉もあったようですが、
内裏や邸宅内にも植わっていた桜は、”狩り”という言葉で表すことはなくなり、
お花見というようになりました。
 

 

紅葉狩りの季節はいつからいつまで?

紅葉狩りの見頃は、桜と同じように地域によって時期が違います。

北海道の大雪山から始まって、徐々に南下していきます。

紅葉が始まってから、枯れてしまうまでは約1ヶ月程で、
見頃は20日~25日程しかありません。

 

目安としては、北海道と東北地方は10月頃、
関東から九州は11月から12月の初め頃です。

山間部や内陸は、朝晩が冷え込むため、通常は少し早めです。

 

見頃はその年によって多少前後しますので、
地域の情報を確認してからお出かけ下さい。

 

 

紅葉狩りの名所・関東や関西のおすすめスポット!

綺麗な紅葉が見られるのにはいくつかの条件があります。


日の最低気温が8℃以下で、昼夜の気温の差が大きいこと、

平地より斜面であること、空気がきれいであること、

適度な水分があること、など光合成よくができる場所です。

 

 
私がおすすめする 名所としては・・・

・小石川後楽園(東京)
風情がある公園で、散歩をしながら紅葉を眺めるだけで心休まる名所です。

 

・神宮外苑(東京)
こちらは、紅葉シーズンになれば必ず紹介されるところですね。

イチョウのイエロー1色で素敵な光景は必見です。

 

・尾瀬沼(群馬県)
特別記念物特別保護地区に指定されている場所で、
日本百景にも選ばれています。

ここでは幻想的な美しさに言葉を忘れます。

草紅葉から始まり、樹木などを中心として
一面に彩りが移っていく様子はここでしか見られない風景です。

 

・東福寺(京都)
東福寺は京都の名所で一番有名な場所です。

下から見上げると深紅の空、通天橋から見下ろすと一面の朱です。

規模と質、ともに京都の 紅葉の真打ちの名に値すると言われています。

 

・清水寺(京都)

京都で一番人気の観光名所である清水寺は、紅葉の名所でもあります。

境内を包む深紅の樹々は実に見事です。

お土産店も多くて楽く、食べ歩きも楽しめます。

また、清水寺から青蓮院にかけてはライトアップする所が多く、
夜はとても賑わっています。

 

関東や関西へ旅行される際は、
ぜひ一度は見て頂きたいと思います。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。