日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

金木犀と銀木犀の違いとは?花言葉や時期などの情報も!?

金木犀・銀木犀

金木犀と銀木犀の違いとは?花言葉や時期などの情報も!?秋になって道を歩いていると、甘い香りを漂わせてくる 金木犀

とてもいい香りなので、ご自宅の庭にあったり、
これから植えてみたいという方も多いのではないでしょうか。

 

ホームセンターなどに買いに行くときに、
似たような名前の「銀木犀」という植物もあります。

あまり聞いたことがない名前だと思うので、
違いがわかりにくいかもしれません。

そこで今回は、金木犀と銀木犀の違いや時期、花言葉などについてご紹介します!

Sponsored Link

 

金木犀と銀木犀の違いとは?

どちらも中国原産の植物ですが、
金木犀は銀木犀が変化してできた変種です。

元々あったのは木犀で、
そこからどんどん変化していったようです。

 

ちなみに、木犀というと、
ほとんどの場合、銀木犀のことを指します。

 

金木犀は、モクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹で、
中国では 丹桂と呼ばれています。

秋にオレンジ色の小さな花をたくさん咲かせ、
その花は芳香を放ちます。

銀木犀よりも香りがとても強く、
歩いていて感じるいい香りは金木犀のものです。

 

大気の汚れにとても敏感で、
大気汚染などの影響で花数が少なくなることもあります。

もちろん空気のきれいなところではたくさんの花を咲かせます。

香りの強さから、昔はトイレの芳香剤としても使われていました。

 

銀木犀は秋に白い花を咲かせますが、
香りはほとんどなく、歩いていてわかるような香りはしません。

葉っぱが金木犀よりも幅が広く、先のほうがとがっています。

ですが、どちらも背丈や育て方、花の咲く時期はかわりません。

 

 
家の庭にあって、いい香りが欲しければ金木犀を植え、
花が咲いたら枝を切って部屋の中に飾れば、甘い香りが広がることでしょう。

銀木犀の花もきれいなので、どちらも1本ずつ植えて、
オレンジと白の花を一緒に楽しむのもいいですね。
 
ドライフラワーとプリザードフラワーの違いとは?
 

 

金木犀と銀木犀の花言葉は?

金木犀の 花言葉は、
「謙虚、謙遜、真実、真実の愛、初恋、陶酔」です。

花の香りが素晴らしいのに、
その割には花の見た目が控えめなところから、 謙虚 謙遜という言葉がついたそうです。

 

銀木犀の 花言葉「初恋、高潔」です。

真っ白なきれいな花が高潔に見えるところからきています。

 

どちらも恋愛に関する花言葉があり、
中国では昔、デートの前に木犀の花を入れたお酒を飲み、
吐く息を花の甘い香りにしたそうです。

 

今でも中国では、花を砂糖につけた「桂花糖」や、
お酒につけた「桂花陳酒」などを作り、食用として楽しんでいるようです。

 

どちらの花も、見た目も花言葉もとてもきれいですよね。

お庭が広ければ、植えて楽しむのも良いかもしれませんね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。