日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

女性の汗の臭い対策・脇にはミョウバン!衣類には洗濯法を!

女性・汗の臭い

女性の汗の臭い対策・脇にはミョウバン!衣類には洗濯法を!日本の夏は蒸し暑く、女性はとくに 汗の臭いが気になりますね。

薄着になるとなどの露出も多くなりますし、
シャツを着てても汗をかいた後のシミなどが気になると思います。

 

健康的な汗なら、さほど臭わないといわれていますが、
それでも女性の場合は疑心暗鬼になる人も多いです。

そこで今回は、女性の汗の臭いや脇の対策などに関する情報をご紹介しますね!

Sponsored Link

 

女性の汗の臭い対策はまず脇から!?

汗をかいた時に一番気になるのは脇下の部分ですね。

もちろん女性でも ワキガという方もいるのですが、
そこには親から譲り受けた遺伝というものが絡んで来るのです。

ちなみに、片方の親だと50%ほど、
両方の親だと80%の確率でワキガになるという統計があります。

 

そこまで行かなくても、アンモニア臭や酸っぱい臭いが気になる人は、
表面上のケアだけでなく、体の内側からの対策も必要です。

まず、暑い日は水分補給を欠かさないようにして下さい。

これは汗に含まれる老廃物の濃度を下げるためですが、
前述したように水分補給による健康的な汗は臭いません。

汗をかけばかく程、汗腺が鍛えられるという法則は
多くの人がご存知だと思います。

 

次は自律神経の失調症状を極力避けることが必要です。

ストレスによって活性酸素が大量に作られると、
皮脂の分泌も盛んになって、さらに臭いがきつくなります。

40代ではこれを加齢臭と呼んだりしますが、
皮脂の分泌が最も多いのが30代です。

 

10代では体に常駐する細菌が繁殖してもたらす「完全なる汗の臭い」と言えますが、
20代後半ではそれプラス 皮脂分泌が絡んできて一層細菌の温床と化してしまいます。

そこへクーラーの効きすぎた部屋で長時間過ごしたり、
不規則な生活習慣をしていると、自律神経が完全に乱れて最悪の事態を引き起こします。

汗による体温調節もままならず、必要な時に必要な汗をかけなくなり、
汗腺に異常を来したり、皮脂分泌も過剰になってしまいます。

 

女性で脇などの汗の臭いが気になるという人は、
まず、生活習慣や食生活を見直す必要があります。

そこをクリアしてはじめて、次のステップに入ります。
 

 

女性の汗の臭いに効果的な制汗剤とは?

今一番人気は 「ドクターデオドラント」のミョウバン石鹸とスプレーです。

汗の臭いで悩んでいた人たちに
「人生が変わった」といわせるほどの商品です。

 

一般的には、市販のスプレーなどは短時間しか消臭効果が期待できず、
仕事などの合間をぬって何度も使用する必要があります。

しかし、これを使えば1日中ほとんど気にすることなく、
気になる臭いをシャットアウトしてくれるようです。

 

今では、マッシュルームのシャンピニオンエキス

カキタンニンを含む 柿渋などが消臭対策のメインになっていますが、

ミョウバンは石鹸やスプレー、入浴剤などオールマイティーに使えます。

 
しかもこのドクターデオドラントには
トリクロサン、トリクロカルバンという殺菌に優れた成分も配合されています。

ワキガでも、汗でも、加齢臭でも
「何でも来い」という 万能型のデオドラント効果を実現しています。

 

 
今では、飲むタイプの 「バラの香りのする香水」などもありますが、
体に害がないと保証されていれば、そちらを使ってみるのも対策の1つだと思います。

排泄物までバラの香りというのも、
何か変な気がしないでもありませんが…。
 
女性に人気の厚底ビーチサンダル
 

洋服についた汗の臭いは洗濯方法を変えてみる!

基本的に、着用した服は早めに洗濯することをおすすめします。

そのままにしておくと、水分だけが飛んで
汗の成分は残ったままになるので、余計に臭くなるだけです。

 

ナノ洗浄二度洗いなども通用しないという場合もありますが、
洗濯用合成洗剤と酸素系漂白剤を同時に使うとほぼ解消できます。

つけ置き洗いなども必要ありませんし、
柔軟剤しか使っていないという人にはとくにおすすめです。

花王のハイターなどが酸素系漂白剤ですが、
合成洗剤と同時に使っても色落ちなども一切しません。

 

たまに洗いたてのTシャツを着た瞬間から臭うことがありますが、
体温によって残っていた臭いの元が復活してしまうのです。

そこを完璧に排除する方法です。

 
男性は、女性の汗の臭いにそれほど敏感ではありませんが、
自分が納得行く対策をしておけば、どんな時でも安心ですものね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。