日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

秋の七草の種類・覚え方や由来となった歌もご紹介します!

秋の七草

秋の七草の種類・覚え方や由来となった歌もご紹介します! 秋の七草、全てご存知ですか?

もしかしたら、1つも知らないという人も多いかもしれません。

どちらかといえば、お正月の1月7日の朝に
七草粥を食べる習慣があるため、春の方が有名ですよね。

そこで今回は、秋の七草の種類や覚え方や由来となった歌などをご紹介しますね!

Sponsored Link

 

秋の七草の種類と特徴

あまり馴染みが薄いのは、あくまでも 鑑賞するための植物を指し、
行事らしきものも一切なく、お粥にして食べる風習などもないからです。

しかし、 万葉集にもあるように、
山上憶良が詠んだという2種の歌がその由来とされています。

遠い昔の時代、
秋に野草などを眺めながら、俳句や短歌を詠むのが
風流の1つとされていたみたいですね。

 

秋の七草の種類としては・・・
 
・女郎花 (おみなえし)
現在の名称:オミナエシ
オミナエシ科オミナエシ属の多年生植物。

 

・尾花(おばな)
現在の名称:ススキ
ススキは漢字で書くと「薄」「芒」などと書き、漢検準一級の読みの試験にも出ますよ。
イネ科ススキ属で「茅(かや)とも呼ばれる多年生草本植物。

 

・桔梗(ききょう)
現在の名称:キキョウ
キキョウ属キキョウ科の多年生草本植物。
日本でも有名な花ですが、絶滅危惧種とされています。

 

・撫子(なでしこ)
現在の名称:ナデシコ
ナデシコ属ナデシコ科のカワラナデシコの別名。
もしくは、ナデシコ属の総称を指して呼んでいる場合もあります。
世界に300種ほど存在しますが、
日本固有の花も存在することから 「大和撫子」の由来になっているようです。

 

・藤袴(ふじばかま)
現在の名称:フジバカマ
キク科ヒヨドリバナ属の多年生植物。
桜餅のような芳香を放ち、昔から親しまれています。

 

・葛(くず)
現在の名称:クズ
マメ科クズ属の多年草。
根は葛粉や漢方薬に利用されています。

 

・萩(はぎ)
現在の名称:ハギ
マメ科ハギ属の総称を意味します。
秋のお彼岸では、小豆をこの花に見立てて、
おはぎを作って食べますね。
ちなみに、春のお彼岸の牡丹餅(ぼたもち)とは
名称が違うだけで、全く同じ食べ物です。

お彼岸の期間はいつから?

 

 
山上憶良が詠んだという2つの歌のうち、
「萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花」
という歌には、全ての七草が含まれています。

「朝貌の花」は他にも候補があるようですが、
現在、桔梗の花という説が有力視されています。

 

秋の七草の覚え方

秋の七草の覚え方はとても簡単です。

現在の名称の頭文字を並べていくと、
「おすきなふくは」となります。

 

とりあえず、この頭文字を並べた言葉を覚えておけば良いのですが、
「お」は何だっけ? とならないようにご注意下さいね。
 

 

中秋の名月(旧暦八月十五夜)では、
ススキを飾ったり、月見団子をお供えしたりして、
1年で一番綺麗だとされる満月を鑑賞するのも良いですね。

現在は新暦(グレゴリオ暦)を採用しているため、
今年の場合は、9月8日の月曜日で、綺麗な満月が見れたら良いですね。

中秋の名月の由来やお供え物とは?
 

また、お彼岸にはおはぎを作って
お墓にお供えした後、太らない程度に食べて下さいね。

 

若い人はあまり興味を持てないかもしれませんが、
日本の伝統行事で風流を味わうのもまた一興ですね。

 

春や秋の七草だけでなく、
夏の七草もありますので、覚えておくと知識人に見られますよ!?

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。