日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

映画『舞妓はレディ』主演・上白石萌音さんってどんな人?

舞妓はレディ

映画『舞妓はレディ』主演・上白石萌音さんってどんな人?2014年9月13日公開の映画 『舞妓はレディ』

『Shall we ダンス?』
『それでもボクはやってない』でおなじみの 周防正行さんが
20年ほど前から着目していたという舞妓の世界のお話です。

主演の上白石萌音さんをあまり知らない方のために
映画情報とともにご紹介しますね。

Sponsored Link

 

『舞妓はレディ』ってどんな映画?

キャスト

監督:周防正行さん
主演:上白石萌音さん(西郷春子 役)
共演者:長谷川博己さん、富田純子さん、竹中直人さん、妻夫木聡さん、
草刈民代さん、田畑智子さんなどで、他にも多くの有名俳優さんが出演しています。

48グループからも松井玲奈さんや武藤十夢さんが出演します。
 

ストーリー

京都を舞台に、少女が舞妓を夢見て成長していく物語です。

歴史の古い花町は、舞妓が1人しかいなくなるという
大きな悩みを抱えてしまうのですが、
そこに現れたのが舞妓を夢見る少女、 西郷春子です。

強い方言を持った春子は、とにかく慣れない言葉遣いに戸惑い、
どうしても唄や舞踊の稽古にも影響が出てしまいます。
なにもかもが上手くいかなくて、舞妓が似合わないとさえ言われてしまいます。

そんな1人の少女の成長を唄や舞踊を通じて表現し、
だれもが楽しめて感動できる作品となっています。

 

 
先日中国での試写会がありましたが、
チケットが完売するなど、海外での周防監督の評価も高まっている証拠です。

言葉が違うので、方言の字幕表現などが難しかったようですが、
それでも監督の笑いのポイントや
涙を誘うシーンなどは反応がすごく良かったみたいです。

日本語の表現は難しいものですが、
十分に世界観が伝わるようなすばらしい映画と評価されています。
 

夏休みに観たいアニメ映画は?

 

上白石萌音さんって、どんな人?

ところで、主演の 上白石萌音さんって、どんな人なんだろう?
と疑問に思う方は多いかもしれませんね。

上白石萌音さんは、 800人が参加したオーディション
見事に勝ち抜いて主演の座をつかみました。
 

鹿児島出身の16歳で、趣味は読書と音楽。

歌うことと踊ることがとにかく大好きな「ピチピチの高校生」です。

彼女は2011年からドラマや映画、CMに出演し始めています。

 
【JA共済 CM】

過去の主な出演

テレビ:上野樹里さん主演のNHK大河ドラマ『江』
映画:『だいじょうぶ三組』『おおかみこどもの雨と雪』
舞台:東宝ミュージカル『王様と私』

 
実は2歳年下の妹さんがいて、 「東宝シンデレラオーディション」では
萌音さんが特別審査員賞を、
妹の萌歌さんがグランプリをとっています。

すごい姉妹なのですが、すでに共演しているんですね。


 
彼女はこの映画の中国での試写会が海外デビューでしたが、
「舞妓さんの文化を世界中の方に知ってもらいたい」と
堂々とインタビューに応えていました。

たしかに、日本の舞妓さんの文化
世界では、あまり知られていないかもしれませんね。

私自身も舞妓さんと芸妓さんの違いなども知りませんでしたし…。
 
映画『舞妓はレディ』の公開がますます楽しみになってきました。
今後は、上白石萌音さんの女優としての活躍にも期待ですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。