日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ガサガサかかとの治し方・専用クリームや足湯で不妊症解消も!

かかとガサガサ

ガサガサかかとの治し方・専用クリームや足湯で不妊症解消も!夏になると服装も涼しくなり、女性はヒールを履く日も多くなってくると思います。

そんな時、 かかとにひびが入っていたり、

ガサガサしていたりすることってありませんか?

 

実際そんなに目立っていなくても、見られたら恥ずかしいですし、

「こんな時に限って…。」ということも多いはず。

そこで今回は、ガサガサかかとの治し方についてご紹介します!

Sponsored Link

 

ガサガサかかとになる原因とは?

1つは白癬菌が原因となっていることが挙げられます。

いわゆる 水虫です。

白癬菌は、皮膚に発生する糸状のカビの一種で、

他のカビと同じように密閉されている高温多湿の環境を好みます。

 

かかとにできる水虫というのは、

かゆみがほとんどないことから分かりにくいとされています。

ですから、発見した際には、時すでに遅しという感じで、

すでにかかとがガサガサになってしまっています。

 

また、他の原因として、単に水分や油分が減ってしまっている場合もあります。

夏場は基本的に足の裏に汗をかくので、冬場の名残りが残っていることも…。

 

もう1つの原因は、足裏への過剰な刺激で起こります。

靴底の硬いものを長い時間履くと、

かかとの皮膚が 角質化してしまって硬くなってしまいます。

 

ガサガサかかとの治し方

いくつか方法がありますが、

水虫の場合でも自分では気づかないこともありますので、

勇気を振り絞って皮膚科で検査を受けましょう。

 

また、乾燥によるひび割れの場合は保湿することが最も重要ですね。

お風呂上りには市販の かかと用クリーム

ハンドクリームでも良いので、毎日ケアすると保湿効果が期待できます。

 

また、裸足で歩かないということも大切です。

家のフローリングを裸足で歩くことさえ、ひび割れに繋がります。

裸足は乾燥するきっかけをつくり、

直接刺激を与えてしまうので角質が硬くなりやすいのです。

 
暑いときでもなるべく靴下を履くようにすることをおすすめします。

 

保湿をしても効果が得られないという時は角質のケアを行いましょう。

百円ショップで売っている軽石を使ったり

スクラブ入りのクリームで少しお手入れをしてあげると

ツルツルかかとに大変身してしまいます。

 

専用の角質柔軟クリームも市販されてますので、

夏でも気になる人は使ってみるのも良いですね。
 

 

ガサガサかかとと不妊症は関係があるの?

私自身もネットで検索して初めて知ることになったのですが、

少しお話しておきたいと思います。

ガサガサかかとの原因が冷え性の場合、

不妊症と関係があるということがわかりました。

 

足が冷えると血行が悪くなり、酸素や栄養が各器官に流れにくくなります。

そうなると子宮への血流も悪くなり、子宮内は冷えきってしまうそうです。

子宮内膜の着床などにも影響を及ぼすため、

妊娠しにくい状態になる可能性があります。

 

子どもに恵まれない女性の9割は足の冷え症によるもので、

脚も足も冷やしてはならないそうです。

これを解消するには、もう 足湯 ふくらはぎマッサージしかありません。

 

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれ、

下半身の血液を心臓まで戻すポンプの役割を果たしています。

そして、毎日マッサージすることで、

全身の血流にも良い影響を及ぼします。

 

足湯も、お風呂以上の温め効果があるとされますので

冷えとかかと対策にはとくにおすすめです。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。