日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

爪水虫の治し方・自宅でお酢や市販薬を使うのは有効?

爪水虫の治し方

爪水虫の治し方・自宅でお酢や市販薬を使うのは有効?現代の日本に多いとされている 爪水虫

梅雨から夏にかけて細菌の繁殖力も増すため、

この時期はとく気になる人が多いと思います。

そこで、今回は爪水虫の原因、症状、治し方を紹介させていただきたいと思います。

Sponsored Link

 

爪水虫の原因と症状について

爪水虫とは、白癬菌が爪の中に感染して、

爪の肥厚、変色、変形を起こす病気です。

 

爪の下の皮膚にはかゆみが出ることもありますが、

単なる水虫とは違い、爪の部分だけなら かゆみはありません。

自覚症状が少ないため、放置することが悪化の最大の原因と言われています。

 

もちろん足に発疹することが多く、複数の病型があります。

・遠位爪下型
 
爪甲の先端部が白色から黄色に濁り、爪甲の下の角質部分が厚くもろくなります。

全体として爪が厚くなるのが特徴です。

最も多いとされるのがこの種類の病型です。

 

爪甲の先端部がくさび状に濁るものもよく見られますが、

この場合も遠位爪下型に含まれます。

・表在型

爪甲の表面が白くなり、まれに爪甲の付け根が濁ることもあります。

 

 

爪水虫は自宅で治せるの?

水虫になっても 「自宅で治したい」と思う人が多いですね。

皮膚科の先生に見せるのも意外と恥ずかしいですし、

出来れば周りに見られずに隠れて治せるといいですよね。

でも、爪水虫に1度なると白癬菌はなかなか消えてくれません。

 

そんなしつこい爪水虫を自宅で治す方法が1つだけあるそうですが、

全ての人に効果があるとは限りません。

気になる人は試してみる価値はあるかと思います。

 

それは皆さんもご存知の「お酢」を使った方法です。

普通にスーパーなどで売っているようなお酢で充分です。

お酢治療をたった1週間実施しただけで、完全に菌はなくなってしまい、

その後、再発もしなくなったという方をネットで発見しました。

毎日、お酢に足を浸すだけですが、ものすごい効果をもたらすこともあるようです。

 

市販薬についても色々と調べましたが、

なかなか治療とまでは行かないようです。

また、決め手となるような薬はありませんでした。

市販薬はアレルギー体質者の関係もあるため、

紹介するのは避けたいと思います。

 

爪水虫は皮膚科で治す方べきか?

爪水虫の治療では、やはり皮膚科に行かれることを強くおすすめします。

菌があるかどうかを確認するために、まず顕微鏡検査をします。

誤った治療をしないためにも白癬菌をしっかりと確認することが大切です。

 

治療法は 内服薬がメインとなります。

菌を死滅させるには、身体の中から退治していかなければなりません。

服用期間はおよそ6~10か月程で、着実に白癬菌を抑え込むことができます。

 

また、抜群に効果的なレーザー治療があります。

深達度が高く、爪とその周辺の皮膚に照射することで、

菌を直接叩き、症状を改善していくことが可能です。

 

自宅で治せるに越したことはありませんが、

爪がボロボロと破壊されることもあるため、皮膚科で診てもらうのが一番です。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。