日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

夏休みのキャンプ・子供や家族でも楽しめる自然体験ツアー!

夏休みのキャンプ

夏休みのキャンプ・子供や家族でも楽しめる自然体験ツアー!夏休みといえば、昔行った海や山での キャンプを思い出しますが、

今は、子供たちのみ参加型の自然体験工場見学ツアーが人気みたいですね。

もちろん家族でキャンプ場に遊びに行くのもいいですが、

とくに都会に住んでいるお子様は自然体験などはおすすめです。

Sponsored Link

 

夏休みに子供達のみ参加型の自然体験ツアー

子供のための体験ツアーとして、「そらまめキッズアドベンチャー」という

幼児~小学生を対象にした自然体験ツアーを実施しているところがあります。

 

このツアーの特徴は、自然に触れたり、動物と遊んだりしながら

命の大切さを学ぶことができます。

小さな頃にしか体験できないような発見や驚き、感動などは

大人になってからはなかなか経験できないと思いますよ。

 

また、参加したお友達と仲良くなることも多くあると思いますし、

夏休みの楽しかった思い出として、大人になっても記憶に残るものだと思います。

子供たちには、色んなことに挑戦してもらいたいですね。

そらまめキッズアドベンチャー

 

他にも、「湘南自然学校」という事業があります。

満4歳の子どもから小・中学生までの子どもたちを対象に、

自然体験活動(キャンプ)を行っています。

 

夏休みのサマーキャンプはもちろんのこと、冬休みや春休みのスキーキャンプなど、

季節に合わせた子供キャンプを企画・運営しています。

 

湘南自然学校が運営するキャンプは、自然に対しても、人間に対しても、

優しくてたくましい「平成のガキ大将」を目指そうという目的で行っているそうです。

 

自然の中での直接体験は子どもの感受性を高め、情緒豊かな人間を育てます。

また、幼いうちからこれらの体験をすることが望まれますので、

このキャンプでは「4歳からの冒険だ」を合言葉に、

各年齢に応じたプログラムを用意して、多くのお子様の成長をと考えています。

湘南自然学校

 

 

家族だけで行くキャンプや参加出来る体験ツアーなどについて

家族だけで体験できるキャンプやツアーは、

山梨県の清里丘の公園オートキャンプ場で開催されるテントを利用したプランがあります。

 

家族旅行で人気の八ヶ岳。

清里の森にあるキャンプ場を拠点に1泊2日のキャンププログラムとなっています。

 

標高1,400mの森で、おいしい高原野菜が育つ畑で、

夜の高原で、早朝の森で・・・

時間や標高、場所によって空気の味がどう変わるのか、

夏の八ヶ岳ならではの大自然の中で、家族みんなで不思議を発見していきます。

対象年齢は3歳以上とし、募集人数は1世帯定員5名までです。

 

4つのミッションをクリアした家族は人気の農耕ソフトクリームを

味わうことができるので、ぜひ家族みんなで参加されてみてはいかがですか?
 

 

キャンプに行く時の必需品などについて

キャンプをする上で、「これだけは持っていこう」という必需品があります。

まずは、何はともあれ現金ですね。

キャンプ場ではお金を使うことが多く、現地に行って初めて知ることもあるので、

少しばかり財布に入れておくと良いかもです。

 

次に、保険証ですね。

子どもはすぐに病気になりますので、現地の病院にかかることを予想して行きましょう。

 

また、個人的に必要だと思うものなのですが、

虫よけスプレーは持参した方が良いでしょう。

夏のキャンプ場は虫たちが活発になりますので、自分の体は自分で守りましょうね。

 

他にも多々ありますが、最低限のものは予想して装備しておくと良いですよ。

お近くのもので、同じような体験ツアーを探してみてくださいね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。